東京-ZEROKU-情報宝庫

【東京の名刺デザインを紹介する?】
【情報宝庫の相互リンクでございます】


東京’ZEROKUの情報でございます。
いわゆるそのメタバース?と称されるが、、
こちらでは評価を上げる名刺デザインを紹介する?・・・東京に浮かぶ仮想世界をデザイン〜

しかしながらだ、いわゆるバーチャル構想的なものを軸とせずに情報としてはこうだ。
登録ユーザーにはIDと仮想世界上住所が付与され---不動産取引や為替取引など、現実世界同様の金融取引が行える予定〜

要するにだ、リアル社会と仮想社会をファイナンスなどで、つなげていくこと。利用者を絞るわけだ名刺デザインでも東京-ZEROKUの仕掛け人。
それにしてもだ、東京0区におきまして人気の名刺デザインを紹介する東京でのそれを感じざるを得ない。。。
他の利用者と交流を図る事がいわゆるそのメタバースの区別?

さて、 セカンドライフのようなバーチャル世界を構築するつもりはありません…とも明言している。
名刺デザインでも生活に密着したイメージを持たせたいということでデザインしたとも。。
東京0区って構想段階ではタマムシイロ!?はっきりしないのであった。


デジタル人工都市のようなものであり仮想世界である。
23区のはずだが、24区目ではなく0区目としたのはデジタル世界が 0と1 の世界だからである。
名刺デザインのように紹介すると…

 この東京ZEROKUのデザインを手がけるのがありゃりゃ、STUDIO4℃である。
おすすめの鉄コン筋クリートだとかマインド・ゲームのねっ。


既存サービスと東京0区の違いにつきまして〜STUDIO4℃がグランドデザインを担当することで、日本人になじみやすい街並みとなる。仮想世界と現実世界を融合する金融インフラも視野に入れているそうよ。

例えば、東京0区で得た仮想通貨を現実の店舗で利用することなどが可能になるかもしれない名刺デザイン。
やっぱりおしゃれに? どう考えてもそちらへ結実させたいのだろう。
要するに、情報宝庫に見せるために? お約束の著名人インタビュー掲載を仮想地「ヒッグスの丘」というとこで始めた。
初回は、ノーベル物理学賞の小柴昌俊殿。むぅ〜東京ZEROKUの意味わかってんのか!


サイトの運営者であるから、情報としてここは名刺デザインの紹介なので、東京-ZEROKUだからこそ細部まで考え(地元を)絞るわけだ!
〜3次元(3D)仮想世界の開発・運営を行うDoppelganger,Inc.とのライセンス契約の交渉を打ち切り、あわせて構想自体も見直し……。
Second Lifeのようにはいかない。。。


最後に〜家庭教師を紹介してもらいたい場合には「家庭教師 東京の0区」だとかねっ。いずれにしてもナイスアイデアなのか定かではないしおすすめできない。
名刺デザインを紹介する・・・そしてまた情報宝庫の相互リンクでございます!

※この『東京-ZEROKU-情報宝庫』サイトで綴られておるさまざまなる情報宝庫につきましては、いわゆる主観的な評価、時間の経過による変化、伝聞情報が含まれることから、現在、今後とも如何なる保証をするものではありません。

【東京-ZEROKU-情報宝庫】
【東京の名刺デザインを紹介する?】
【情報宝庫の相互リンクでございます】